2016年06月15日

夏祭り関西1番乗り 西宮神社でおこしや祭り

居眠りしているえびす様のお尻をひねって起こしたという伝承にちなんだ「おこしや祭り」が14日、兵庫県西宮市社家町の西宮神社で開かれた。ビワで飾りつけたみこしと氏子ら約100人が神社周辺を練り歩き、浴衣姿の「びわ娘」がビワを配って参拝客に夏の始まりを知らせた。

 この祭りは、旬のビワを供えることから「びわ祭り」と呼ばれたり、この日を境に浴衣を着始めることから「ゆかた祭り」と言われたりしている。

 伝承は、鳴尾の漁師の網に、えびす様が掛かったことから始まる。その後、「西の方に良きところがある」とお告げがあり、西宮神社に向かったが、一休みしたえびす様が居眠りし、なかなか起きない。困った漁師がお尻をひねって起こしたとされ、祭りは伝承を再現するように進められた。

 午後2時20分ごろ、太鼓の音が響く中、びわ娘、氏子、えびす様のみこしと続く行列が神社を出発。参道の西宮中央商店街を経て、えびす様が居眠りしたとされる札場筋沿いの「おこしや跡地」に到着すると、神事があり、びわ娘が約300人にビワを振る舞った。

 「おこしや祭り」は関西で最も早い夏祭りとされ、びわ娘を務めた西宮今津高校3年の女子生徒(17)は「浴衣を着ると一気に夏気分になった。地域の人や子どもたちに声を掛けてもらってうれしかった」と話していた。(尾藤央一)
http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201606/0009186011.shtml
************************************************************
夏祭りのシーズン到来ですね。今年はたくさんの夏祭りを見るつもりですが、どれだけ見られるかな。というよりどの地域の夏祭りを見に行くかな。西宮神社には次回の大阪旅行では立ち寄りたいと思っています。


おこしや祭り
兵庫県祭り情報
全国祭り情報
兵庫県花火大会情報
全国花火大会情報
兵庫県バラ園情報



posted by kinnki2008 at 10:38| 兵庫県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。