2016年06月14日

おもちゃや雑貨、親子ら製作体験 手づくりまつり

ものづくりの楽しさを体験してもらう「第20回因幡の手づくりまつり」(実行委員会主催)が12日、鳥取市の智頭街道商店街で開かれた。竹細工や紙のおもちゃ、雑貨などの手づくり体験ができる40を超えるブースが並び、約1200人の親子連れでにぎわった。

学生スタッフの指導を受けながら熱心にものづくりに取り組む子どもたち=12日、鳥取市の智頭街道商店街
 鳥取大、鳥取環境大、鳥取看護大、鳥取短期大、智頭街道商店街振興組合などが共同で開催。学生や地元商店街の店主、職人、近くの遷喬小の児童ら約240人が講師、スタッフとなり、参加者にものづくりを手ほどきした。

 親子連れらは、くるくる風鈴や砂絵、ペーパーグライダーなど気に入ったブースに立ち寄って真剣なまなざしで挑戦。中には次々と訪れる体験希望者で順番待ちの列ができるブースもあった。

 反射テープを入れた画用紙の箱にカラーセロハンを重ねて貼る「光のはこ」に挑戦した城北小2年の大久保知哉君(8)と妹の和奏ちゃん(5)は「工作が大好きで毎年参加している。自分で作ったおもちゃで遊ぶのが楽しみ」と笑顔で話した。(三野夏美)
https://www.nnn.co.jp/news/160614/20160614047.html
************************************************************
こういう参加型のお祭りは良いですね。日本中に広がってほしいものです。スマホのゲームばっかりやっているような最近の子供たちに手造りのおもちゃ作りを体験してもらいたいですね。


因幡の手づくりまつり
鳥取県祭り情報
全国祭り情報
鳥取県花火大会情報
全国花火大会情報
鳥取県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 12:03| 鳥取県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。