2016年06月04日

最大の盆踊り、ギネス狙え! 八王子まつりで

今夏の八王子まつり(8月5〜7日)で、浴衣姿の市民が参加して盛り上がる「民踊流し」が「世界最大の盆踊り」としてギネス世界記録認定を目指すことになった。曲はもちろん、「はっぱきらきら」の歌詞で有名な「太陽おどり」だ。八王子市も来年の市制100周年記念プレ事業として全面的に応援する。


 まつり実行委員会と民踊流しの主管団体「八王子民踊協会」によると、これまでに2600人以上の踊り手が参加を申し込んでいる。現在のギネス記録は昨年8月、大阪・道頓堀で達成した2025人で、ギネスの公式サイトでは「The largest bon dance」として紹介されている。

 単純に多数が踊りに参加すればいい、というわけではなく、認定の基準はかなり厳しい。「5分間、同じ踊りの所作で、間違えた踊り手が全体の5%以下。衣装は民俗的なものに限る」とされ、ギネス公式認定員数十人が踊りの列に付き添い、参加者の動きを厳しくチェックする。浴衣、草履姿以外の服装も減点の対象だ。

 正確な人数を数えるために踊りの会場への出入りも限定される。3回の挑戦が認められており、道頓堀では2回目で記録達成に成功した。

 「民踊流し」は毎年、3000人の市民が参加し、2日目午後のメインイベントとして人気を集める。チャレンジ曲に選ばれた「太陽おどり」は「はっぱきらきら」と佐良直美さんの歌声に合わせて踊る八王子っ子にはおなじみのもの。ポップ調でTシャツ姿で踊る人もいるが、8月6日の挑戦中はご法度となる。会場の甲州街道への立ち入りも厳しく制限される。

 ギネス認定基準に合わせて「太陽おどり」(2分40秒)は2回繰り返して自然につながるようデジタル処理した。すでにギネスワールドレコーズジャパンに認定員派遣を申請している。

 市民にはおなじみの振り付けとはいえ、今年は例年より1か月早く、5月から同市八幡町の八王子織物工業組合講堂で月2回の講習会が始まり、所作を念入りにチェックしている。

 長年にわたって民踊流しを指導してきた八王子民踊協会の吉沢トシ子副会長(79)は「世界一への挑戦で市民の盛り上がりはすごい。ぜひ、1回の挑戦でギネス認定を果たしたい」と意欲満々だ。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20160531-OYTNT50278.html
************************************************************
世界最大の盆踊りへの取り組み、いいですね。やっぱりお祭りは勢いがあってにぎやかでないとね。だから話題作りにはなんでもすべきでしょう。これでほかの盆踊りが対抗心を燃やして争うともっと盛り上がりそうです。



八王子まつり
東京都祭り情報
全国祭り情報
東京都花火大会情報
全国花火大会情報
東京都バラ園情報


posted by kinnki2008 at 13:43| 東京都 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。