2015年03月07日

はだか祭り:厄よけ神男へ 激しくもみ合い 愛知・稲沢

下帯姿の男衆が激しくもみ合う奇祭、愛知県稲沢市・国府宮神社のはだか祭りが3日開かれ、参拝客約20万人でにぎわった。

 767年に悪疫退散の祈とうをしたのが始まりとされ、毎年、旧暦の正月13日に行っている。神男(しんおとこ)に触れると厄よけになるとされる。

 午後5時20分過ぎ、今年の神男の稲沢市小池、整体師、木村政人さん(33)が、参道に集まった約9000人(同神社調べ)のはだか男の中に飛び込むと、大きな歓声が上がった。「ワッショイ、ワッショイ」の掛け声の中、はだかの男たちは神男に触れようともみ合い、浴びせられる水は湯気となって、祭りは最高潮となった。【河部修志】
http://mainichi.jp/select/news/20150304k0000m040068000c.html
************************************************************
3日間で20万人も集客するとはすごいですね。ぜひ一度は見てみたいお祭りの一つです。さすがに年なので参加することは無理そうです。


国府宮はだか祭りり
愛知県祭り情報
全国祭り情報
愛知県花火大会情報
全国花火大会情報
愛知県バラ園情報


posted by kinnki2008 at 07:25| 愛知県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。