2014年11月09日

大分)武者行列・鉄砲隊・起請文調印 大野川合戦まつり

大分市の大野川河川敷で8日、「大野川合戦まつり」が開かれた。地元の中高生ら約250人が甲冑(かっちゅう)姿で武者行列を作り、鉄砲隊による演武もあった。10回目を迎え、合戦ゆかりの5市が地域の連携強化を願い「起請文(きしょうもん)」を交わした。

 市などによると、1586年、大友・四国連合軍約6千人と九州制覇を狙う薩摩の島津軍約2万人が戸次川(大野川)で激突。連合軍は敗戦を喫し、祭りは死者の慰霊と地域活性化のため、大南地区の自治会などでつくる実行委員会が2005年に始めた。

 河川敷では、武者行列のほかに、鉄砲隊や騎馬隊らが合戦の様子を演じる「合戦絵巻」が披露され、見物客らを楽しませた。10回目の今年は、合戦ゆかりの大分市、高知市、高松市、鹿児島県日置市、高知県南国市の市長らも参加。交流をさらに深めることを確認するため、戦国時代に同盟などを結ぶ際に交わされた起請文を調印した。
http://www.asahi.com/articles/ASGC832Z2GC8TPJB001.html
************************************************************
6千人と2万人では勝負にならないでしょう。どうしてそんな無謀な戦いをしたのでしょうね。


大野川合戦まつり
大分県祭り情報
全国祭り情報
大分県花火大会情報
全国花火大会情報


posted by kinnki2008 at 14:57| 大分県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。