2012年10月22日

川越まつり魅力紹介

川越まつりが20日、始まった。このまつりのガイド紙やポスター、パンフレットを制作してきた川越市のグラフィックデザイン企画制作会社相談役・谷沢勇さん(70)が、「川越祭(まつり)のすべて」を出版した。
 谷沢さんは、まつりのハイライトを初日にある、氷川神社の神様が城下の町々を巡行する華麗な「神幸祭(じん・こう・さい)」とするが、あまり知られていないという。そのため冒頭の章「江戸情緒あふれる小江戸の大祭」では写真をつけて、山車が次々とみこしに随行して「またたく間に大行列となっていく場面」を見どころとした。
 「川越祭と天下祭の主な動向」の章では、1615年の江戸・山王祭から祭礼行列を江戸城内にひきいれ、将軍徳川秀忠が見る天下祭りになったこと、1648年に川越城主松平信綱がみこしなどの祭礼用具を氷川神社に寄進したこと、1651年から神幸祭が始まったことなど年表形式にまとめた。
 「関東周辺の山車祭り」の章は、関東を中心に遠州横須賀(静岡県掛川市)まで99の山車祭りを紹介。また、川越市立博物館所蔵の祭礼絵巻(1718年)をイラストで描いた。「山車総覧」「川越祭の概要、用語解説」「山車の構造」「江戸発川越着の祭り囃子(ばや・し)」「鳶(とび)職は祭りに欠かせない技術集団」などの章も興味深い内容だ。
 谷沢さんは「この出版を機に、十人十色の川越まつり論が出て、まつりの理想的な将来像を話し合うきっかけになれば」と期待している。
 A4判128ページ。税込み2500円。小江戸出版会発行。問い合わせは太陽堂(049・222・1421)へ。
http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000001210210007
************************************************************
川越まつりは結構歴史のあるお祭のようですね。


川越まつり
埼玉県祭り一覧
全国祭り情報
埼玉県花火大会
全国花火大会情報


posted by kinnki2008 at 21:59| 埼玉県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。