2012年08月20日

対馬でカンカン祭り

朝鮮半島へ渡る神功皇后の御船出の様子を伝える「カンカン祭り」が18日、対馬市厳原町豆酘(つつ)の観音堂などで行われた。

 神功皇后は約1800年前、豆酘を出発し、島の東側を北上して朝鮮に渡ったとされる。

 約1000年前から伝わる祭りには、地区の役員ら約20人が参加。観音堂で、木の板や竹で長さ約70センチの小舟2隻を組み立て、赤と白の帆をそれぞれ飾って神前に供えた。本石正久宮司とともに航海の安全などを祈願した後、浴衣に着替えた役員らが舟を担ぎ、鐘や太鼓を打ち鳴らしながら、約1キロ先の海岸まで運んだ。その後、海に浮かべた舟を小松崎神社に納めて神事を終えた。(2012年8月20日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagasaki/news/20120819-OYT8T00808.htm
************************************************************
1000年も前からのお祭りとはすごいですね。小松崎神社は1000年の歴史がある神社なのでしょうか。


カンカン祭り
長崎県祭り一覧
全国祭り情報
長崎県花火大会
全国花火大会情報


posted by kinnki2008 at 10:26| 長崎県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。