2012年07月21日

県内 祭り熱く 響き合うお囃子 熊谷で「うちわ祭」

「関東一の祇園」とも称される「熊谷うちわ祭」が二十日、熊谷市中心部で始まった。

 夏の年中行事になっている愛宕八坂神社の例大祭。明治時代、見物客たちに商店が渋うちわを配ったことから名付けられた。午後七時すぎ、JR熊谷駅前に十二基の山車や屋台が勢ぞろいし、お囃子(はやし)を大音量で響かせ合った。

 今回は東日本大震災の被災地支援で、東北物産展コーナーも設けられている。二十二日まで。 (宮本隆康)


◆みそぎの水しぶき 秩父で神事「みこし洗い」 
 白木造りのみこしを荒川に担ぎ込む「みこし洗い」の神事が20日、秩父市中村町の河川敷周辺で行われた。

 河川敷から約2キロ離れた秩父神社の夏祭り「秩父川瀬祭」のメーン行事で、みこしに宿った神様自身がみそぎをして、悪霊よけを祈願する。34人の若衆が胸まで漬かりながら重さ約400キロのみこしを担いで川をさかのぼり、河川敷に設けられた「斎場」で豪快に水しぶきをかけて洗い清めた。

 川瀬祭は冬の秩父夜祭と対になっており、小型の山車8基も町中を練り歩いた。夜祭と違って曳(ひ)き子や囃子(はやし)手を子どもたちが務め、元気な声を響かせていた。 (羽物一隆)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20120721/CK2012072102000142.html
************************************************************
今年も節電が必要ですから、うちわも必需品ですね。うちわも見直されているのではないでしゅか。うちわ祭もしばらくは安泰というわけです。


熊谷うちわ祭
埼玉県祭り一覧
祭りランキング
三大祭り一覧
全国祭り情報


posted by kinnki2008 at 21:32| 埼玉県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。