2012年07月19日

「よさこい」情報発信施設を

◇検討委、年内に基本計画策定へ

 よさこい祭り(毎年8月)の歴史などを紹介する初めての施設開設に向け、高知市は18日、検討委員会の初会合を開いた。常設施設で情報発信し、シーズン以外にも祭りと踊りをPRするのが狙い。中心市街地で来年のオープンを目指して9月まで協議を重ね、年内に基本計画を策定する。(安恒勇気)

 岸和田だんじり会館(大阪府岸和田市)や阿波踊り会館(徳島市)など、全国の有名な祭りには情報発信施設がある。高知市も観光振興と市街地活性化の一環として、「市中心市街地活性化基本計画」や「東西軸エリア活性化プラン」に拠点の整備を盛り込んでいた。

 委員会は商店街の関係者ら7人で、市側が素案を提示。祭りが60周年を迎える来年8月を前に開設し、開設場所には、中心街地の東と西をつないで「回遊性を生み出す」として、NTT西日本高知東局(高知市はりまや町)を有力とした。

 展示内容については、祭りの歴史やルール、踊りで使用する鳴子や地方車、競演場などをパネルや映像で分かりやすく紹介。踊り子の募集や桟敷席の購入方法などを伝え、県内外から参加するチームの交流場所も設けるとした。(2012年7月19日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kochi/news/20120718-OYT8T01280.htm
************************************************************
ネットの時代なのに、施設が必要なのでしょうか。その費用をネットに充てたほうがコストパフォーマンスが良いような気もしますが・・・。高知県出身者としてよさこい祭りにはもっと人気が出てほしいのはやまやまですが、さてどちらが良い?


よさこい祭りの
高知県祭り一覧
祭りランキング
三大祭り一覧
全国祭り情報


posted by kinnki2008 at 19:36| 高知県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。