2012年07月17日

塩釜みなと祭:御座船、華やかに巡行 8万人の人出 /宮城

日本三大船祭りに数えられる塩釜市の「塩釜みなと祭」が16日、塩釜港一帯で行われ、2年ぶりに復活した前夜祭の花火大会と合わせ計約8万人の人出でにぎわった。第二次大戦後の復興を願って始まった港町の祭りらしく、参加者は東日本大震災からの復興に向けて心意気を示した。

 昨年、震災のため規模を大幅に縮小した祭りは65回目の今年、「可能な限り本来の姿」(同祭協賛会)で開催。ハイライトの神輿海上渡御(みこしかいじょうとぎょ)は、志波彦神社と塩釜神社の神輿を乗せた2隻の御座船(ござせん)が、大漁旗を掲げた約100隻のお供の船団を伴って同市と七ケ浜、松島両町の松島湾内を巡行。華やかな海上絵巻を繰り広げた。

 陸上の塩釜市内の目抜き通りでも、郷土芸能や小中学生の「よしこの塩釜踊り」などパレードがにぎやかに繰り広げられた。友好都市の山形県村山市からは「村山徳内ばやし」の11団体150人も応援に駆け付けて交流、祭りを盛り上げた。【渡辺豊】
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20120717ddlk04040027000c.html
************************************************************
第二次大戦後の復興を願って始まったお祭りなんですね。これからは震災の復興を願ってみんなで盛り上げてほしいものです。


塩釜みなと祭
宮城県祭り一覧
祭りランキング
三大祭り一覧
全国祭り情報


posted by kinnki2008 at 14:13| 宮城県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。