2012年07月15日

集まれ、担ぎ手女性 沼田まつりの「大天狗みこし」

夏祭りの季節到来−。県内各地で夏祭りの準備が進む中、「沼田まつり」を主催する沼田商工会議所と沼田市は、祭りの華として知られる「大天狗(てんぐ)みこし」の担ぎ手の女性と、担ぎ手の帯締めなど着付けを手伝うボランティアの募集を始めた。安中市では十四日、板鼻地区で「祇園祭」が行われた。 (山岸隆)

 沼田まつりの大天狗みこしの大きさは、顔の幅約二メートル、長さ約四メートル、鼻の高さ約二メートルを超えるジャンボサイズで、担ぎ棒を付けた重さは約五百キロ。担ぎ手は女性に限られ、市内の迦葉山・弥勒寺と中心街の天狗プラザにある計二基のみこしを担ぐには約三百人の女性が必要という。

 担ぎ手は中学生以上で、市外の女性も参加できる。ただし、十八歳未満は保護者の同意書が必要。支度は短パンやもも引き、Tシャツなど祭りに適した服装ならOKで、法被や帯は当日現地で貸し出され、参加者には木札のお守りと手ぬぐいがプレゼントされる。

 まつりは八月三〜五日、市の中心商店街で開かれる。みこしは三日と五日に登場、両日とも午後六時半に市役所をスタート。本町通りなど中心商店街を三時間ほどかけて担ぎ手が交代しながらゆっくりと練り歩き、約三キロの距離を渡御する。

 沼田まつりは同市最大のイベントで、各町内の山車や、神社みこしなどが繰り出し、三日間で約二十万人の人出でにぎわう。参加申し込みと問い合わせは同商工会議所=電0278(23)1137=へ。

     ◇

 今年の沼田まつりで、沼田商工会議所は期間中、「屋台村」を設ける。一九七四年から本町通りを歩行者天国にした現在の形の沼田まつりになって以来、屋台村ができるのは初めて。

 設置場所は本町通りに面する旧荒木屋本店跡地で、同会議所のメンバーが約十店舗を出店し、生ビールや鶏の空揚げ、ホルモン焼き、かき氷、焼きそばなどを販売する。営業時間は三日間とも午前十一時〜午後九時。

 会場に休憩所が少ないため、同会議所では、椅子やテーブルを並べた屋台村をつくり、見物客にくつろいでもらおうと、企画した。  

◆「暴れみこし」練り歩く 安中・板鼻の祇園祭
 安中市板鼻地区の祇園祭は、京都・八坂神社に由来。十四日は、みこし渡御や地区住民が無病息災を願う「茅(ち)の輪くぐり」などが行われた。

 江戸時代、同地区では浅間山の噴火による飢饉(ききん)で疫病がはやり、疫病をつかさどるスサノオノミコトを祭神に奉る祇園信仰が盛んに行われた。茅の輪くぐりの風習と同祭が現在まで続けられている。

 地区内の天王広場に設けられた高さ約二メートルの茅の輪を住民らが8の字にくぐり、子どもみこしや暴れみこしの異名を持つ男みこし、女みこしも町内を練り歩いた。 (樋口聡)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20120715/CK2012071502000151.html
************************************************************
大天狗みこしの担ぎ手は女性でないといけないというのが興味深いですね。何故なのでしょう。


沼田まつり
群馬県祭り一覧
祭りランキング
三大祭り一覧
全国祭り情報


posted by kinnki2008 at 15:04| 群馬県 お祭り イベント 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。